トップページへ

USAガンショップ訪問



今回は射撃の訓練に行く時間がありませんでしたがガンショップには行きました。
お店のオーナーのスコットは私が好きなのを知っているので超熱心に銃や武器を説明してくれます。


アーチェリーがたくさんならびます。
クロスボーもありました。


これはアーチェリーの的ですね。


この鹿ちゃんもアーチェリーの的です。


おー!こんなところで先日紹介した世界最強クロスボー「TAC15」に会えるとは。
スコットも「こいつに狙われたら逃げられない」と言ってます。


ポンプ式ショットガン。
ピストルやライフルは数え切れないほど置いてます。
人気店なのでお店にはひっきりなしにお客さんが訪れており、アメリカでの銃人気が伺われます。
うちの妻は気が強いので
「アメリカに住んだらまず銃を買う。みんなが持っているのに自分だけ持ってなくてやられるのは損だ」
そうです(苦笑)


これはおもしろいジョークポスター。
スコットが言うには「アメリカ人はこれを家の門に張るのだ」そうだが。

このポスターの意味は「ここのうちは犬なんかより住人が危険だぜ」という意味です。
こんなの日本で貼ったら近所に恐れられるな。

私なら番犬のピットブルに襲われるくらいなら、
下手くそな銃に撃たれる方を選ぶかもしれません。
動物は手加減してくれないからなー。



これはスタンガンですね。


これはよくアメリカのポリスが犯人を捕まえる時に使う「ティーザー」
針のような弾が出て相手に電流を流します。
スコットいわく「死にはしないけど、死ぬほど痛い」そうです。


これは携帯電話型のスタンガンです。



航空機の鉄板も貫通する重機関銃用のBMGキーホルダー
結構数いれたのですがすぐ完売しました。



護身用のスコーピオンも完売しました。
お客さんからご要望がありますが次回の入荷は当分ありません(笑)



アメリカのガンショップには日本では見られないものがたくさんあっておもしろいですね。
いつも長居してしまいます(笑)





メール アイコン
E-mail
トップページへ