アニマルHPトップページへ

アニマル店長のトレーニング日記

世界チャンピオンとアームレスリング

アームレスリングで世界チャンピオンになることなんと26回の
アラン・フィッシャーさんのトレーニングレッスンを受けてきました。




 
どうやって鍛えたらこんな前腕になるのか。
アランは明らかに前腕が上腕より太くてちょっと異様です。


アイアンマインドのCOCグリッパー紹介で使用される前腕も実はアランのものです。


アームレスリングトレーニング開始です。
まずはウオームアップからということでCOCグリッパーを小指と薬指で閉じたりします。
こんなの指が超痛いだろ。
とにかく前腕と指はあらゆる角度から鍛えることが必要だそうです。


そうやって毎日鍛えるとこんな指と前腕になるようです。
私の手は日本人としては大きな方ですが
「お前は手が小さい」と何度も言われました。

 
とにかく指や前腕の腱や筋肉が信じられないくらい異常にボコボコに発達していてます。

 



ウオームアップはEZカールから。
最初は15キロくらいから30キロまで順手と逆手(リバース)で行います。
超スピードで1セット21回を何セットもやらされました。

とにかくスピードを上げる訓練らしく「今のは遅いからやり直し」と何セットもやらされました。
外は暑いし、旅行で疲れている私はこれだけでへばりそうです。

この後全く休憩なしで、夕方まで5時間もトレーニングは続きました。
ホントは朝から来いと言われていたのが恐ろしい。

 
昔からあるドーナツスタイルのアームレスリング台。
台にタッチパッドがないことに気付かれたと思います。
アランのジムのアーム台はすべてパッドがありません。
パッドを突き抜けてコーナーや頭上に相手の腕を持って行くイメージ訓練のためだそうです。

 
パワーバンドを使用してのアームトレーニング。
右はCOCグリッパーを握りながらのバンドトレーニングです。

左のなにげない写真がアランの前腕の太さを表してます。
右写真は「なんでさっき手を肩に付けろと言ったのに出来てないんだ」と怒られてます(苦笑)

「クセのないフォームをしているので先生が良かったな」
「縦の方向はかなり力が強い」
とも言われましたが、力が無駄に逃げている部分を色々矯正してもらいました。

 
これはパワーグリップとパワーバンドを使用してのトレーニング。
パワーグリップを使用すると更に実戦的に指の力を強化できます。
「とにかくアームレスリングには強力チューブなんだ」とアランは力説してました。

 
なんかすごい太さの鋼鉄製コイルのアームレスリングマシン。
超強力マシンなので私は耐えるだけで必死です。

 
奥さんのキャロリンも世界チャンピオンなので付きっきりで指導してくれます。
アランは超マジメなのでつい指導に力が入りがちですが、キャロリンが上手に雰囲気をなごませてくれます。

 
アランの生徒さんと一緒に。
生徒さんも今日はアランが私に付きっきりなので、ひたすらチューブを引っ張ってました。
アランとキャロリンは練習中も仲良しなので、
子供たちに「いい年してやめてよね」と言われてました。

 
アラン家の家族たち。
厳しい練習中も動物がうろうろしていてちょっとなごみます。

 
ハンマーとバーを使用した手首のトレーニングですね。
「とにかく強くなるためにはなんでもやる」という姿勢はチャンピオンさん共通の性質ですね。
アランは一日中アームレスリングのことを考えているそうです(笑)

 
アランの指と前腕は異常にでかくて強力なので全く握れません。
まあ30年も世界チャンピオンの座を守っているのですから当然ですね。
アランは現在55才ですが「30代より40代より今が一番力が強い」と言ってました。

奥さんのキャロリンもパワーは女性ですが、指と体の使い方が上手で下手すると持って行かれます。

「私は腕相撲ならジムでも男性に負けたことがない」
「私は昔ロシア人の指を折ってやったことがある」

とキャロリンは笑顔ですごいことを言います。

 
フィッシャー夫妻と一緒に。
右のトロフィーたちはたくさんありすぎるので室内からあふれているそうです。

今回の練習会は出張後半で良かった。
まだ先があったのであんまり疲れたくなかったけど、途中で覚悟を決めて頑張りました。
とにかくアームレスリングがすべてのお二人です。

教えてもらったことはしっかりノートに記録しました。
別れ際に「後でよーく復習して忘れるなよ」と子供のように言われました(笑)
彼らの子供たちはアームレスリングを嫌がって全くやってないのがおかしいです。
この二人に毎日厳しく鍛えられたらたまらないだろうからな。



アームレスリング強化トレーニング方法







メール アイコン
E-mail
トップページへ