トップページへ

エレファントライド
  おもしろい動物たち



アフリカゾウと仲良くなりました。
インドゾウはともかく、アフリカゾウは20年前は調教不可能と言われてましたからすごいですね。
色々調教法を習ってきました。

アフリカの現地の言葉でも「象」は「ゾウ」と呼びます。
日本語と同じでおもしろい偶然ですね。



私はワニが大好きなのだけどが、ゾウもだいぶ可愛いです。
だってこんな世界最強の動物が人間の言うこと聞くんだから。
これがバッファローやカバだったら、全く言うことなんか聞かないからね(笑)



エサをあげるといくらでも食べます(笑)



長い牙がかっこいい。



象牙はこの迫力だもんね



アフリカゾウに乗っての猛獣探しのサファリは見栄えは良いですね。
でも段々、内ももが痛くなってきてあまり快適ではありません(笑)



アフリカゾウに乗っていれば、猛獣に襲われる危険はありません。



ゾウを操るカギ棒
でもそんなに痛くはないようで、アフリカゾウの調教に体罰は使わないそうです。



アフリカゾウは近くで見るとあらためてその大きさに驚きます。
最大体重が10トンだもんね。



ゾウのフットプリント
人間の指紋のように個体毎に模様があります。


 
巨大なゾウの頭骨。巨大なイスみたい。
右側はカバのアゴと牙。



アフリカの空とアフリカゾウはよく似合います。



テレビではいつも「アフリカゾウは密猟者などのおかげで絶滅の危機に瀕してる」と報道されてます。
っしかし夕暮れの地平線には数百頭のゾウがいて、全然絶滅してません(笑)
この国立公園だけでアフリカゾウは六万頭もいるそうだから。
なんでもホントの実状は現地に行かないとわからないものですね。




アフリカゾウは夜には街にも出没します。
小学校や警察署の壁がボコボコに壊されてました。

これは夜にゾウがマンゴーやバナナの木を食べに来るからだそうです。
みんなで鍋などを叩いてゾウを追い払おうとしてもムダだそうです(笑)
象が迷惑動物だなんて、現地に来ると日本では想像出来ないことが起こってるのですね。


「夕陽とアフリカ象」
なんて素晴らしい風景でしょう。
はるばる遠くまで行った甲斐があります。




メール アイコン
E-mail
トップページへ