HPトップページへ

   アニマル日記
   
おもしろい動物とおもしろい人達
       その65 2017


 
ワニガメ飼育許可用のアクリル水槽です。
1200x600x600のアクリル板厚10mm。上下黒帯無しのクリスタル仕上げがピカピカです。
防水ウレタンコート板と水槽のホース穴にチェーンを掛けて施錠出来ます。
美しく安全な水槽にワニガメを入れて眺めることは幸福感がありますね。
ワニガメなどの特定動物の許可を持つことは、上級爬虫類飼育者として誇れることでもあると思います。



今年もカメたちの水換えシーズンが始まりますね。
ワニガメの勇姿に見とれてカメラを構えて、作業が止まってしまいます(笑)



ユキヒョウが美しいですね。
多摩動物園で色々勉強してきました。
空手と柔道で足が筋肉痛で四時間歩いても全部見切れませんでした。
海外の動物園も立派ですが、日本の動物園も施設などにもお金が掛かっていて立派ですね。
動物に慣れている私たちでも動物園の匂いはちょっとすごいね(笑)



ズーラシアに行きました。
ライオンさんが大サービス(笑)
アフリカのサファリも良いけど、日本の動物園もかなり勉強になります。



皆様おなじみのカメのエサのレプトミンが新しくなりました。
先日のペットフェアでもメーカーのテトラの方に詳しく聞いてみました。

以前のレプトミンの原料は一番多いものが野菜でした。
今回はそれが魚粉になりました。
肉食のワニガメやカミツキガメには改良されましたね。

動物のプロはドッグフードやペットフードの吟味には必ず原材料を確認します。
「自然原料」とか「ペットに優しい」なんていうセールスコピーは何でも書けますが、
原材料だけはウソは書けないので。

ニューレプトミンも発売されたばかりで、ベビータイプの超小粒しか手に入りませんでしたが
嗜好性も良くて今のところ良い反応です。
当店ではカメの配合飼料は一種類だけではなく何種類か与えてます。



今日はドッグショーでした。
ドッグショーは毎年訪問してますが、犬の質や傾向が多少変わりますね。
今年の春はドッグショーやペットショー、商品展示会と色々勉強出来ました。



うちのチワワのクリンの子犬が産まれる予定です。
お父さんもJKCチャンピオン。
可愛い子チワワが出てくるので、ご興味のある方はご相談下さい。




メール アイコン
E-mail

トップページへ