HPトップページへ

   アニマル日記
   
おもしろい動物とおもしろい人達
       その55 2015



 
今日は神田の鳥海書房で動物ブックを物色。
鳥海さんは神田に二軒ある動物専門書店。
またベタな本を買ってしまった。
昭和45年発行だって。当時350円、今2200円(笑)

動物の強さを語る本は多いのだけど、実際に自分の目や体で確かめた著者は少ないんだよね。
自分の体を相当鍛えてないと、危ない動物は触れないからな。

その後にパンク町田さんと、つい話が盛り上がってしまった。
猛獣と柔道とテレビの話。
昔、町田さんと一緒に出たテレビは、大きなワニガメに添い寝させられたりムチャクチャでした。

町田さんと私が暴れると、完全に司会の芸人さんを食ってましたから(笑)
また一緒に面白い番組が出来たら楽しいねとお話しました。
町田さんとは柔道もまた一緒にやりたいですね。


千葉の先端の平砂浦に行きました。
平砂浦はヒラメ釣りのメッカで、小学生の頃に憧れたポイントです。
しかし千葉の末端までは小学生たちにはちょっと遠かった。
今はアクアラインと館山道が出来たので、都心から二時間くらいで行ける。
40年ぶりに夢がかないました(笑)

美しい砂浜にはサーファーはいたけど、釣り師の姿は見えなかった。
今から思えば僕らの子供の頃は、海でも湖でも子供同士でどこでも出かけて逞しかったな。
釣りの前の晩は興奮しすぎていつも眠れなかったものです(笑)
釣りは今は仕事になってないけど、今だに釣り関係の本や情報は、国内外のものを集めてます。



カメやワニはお客様はマニアの方が多いので、私のアドバイスを素直に受け入れて頂けます。
しかしこれが犬になると「とにかく小さい犬が欲しい」とか「ミックス犬が欲しい」などと、
全く犬の本質から外れたことを言われることがあります。

良い犬とは、どの犬種でも、骨格がしっかりしていて、被毛は美しく、目が澄んでいて知的です。
また骨格や筋肉が発達しているので、運動能力も高いです。
健康で美しく、賢い犬は、流行のスタイルではなくて、長年に渡る犬種の血統の改良によって生まれます。
本当に良い犬はその本質を理解できる飼い主さんのところに行って欲しいものですね。



動物を扱っていると光ってくる動物がいます。
同じようなサイズでもなぜか質感が違うんですね。
手に持ってみるとガッチリとしたエネルギーが伝わってきます。
そのような個体をお客様にお勧めしたいですね。
写真はゴールデンワニガメのエイトマン。



ブリーダーの家に行くと沢山の犬に歓迎される。
家の中のソファに座っていても、順番に犬たちが挨拶に来る。
うちの妻も優しいから犬に大人気。妻の膝にちゃっかり座ってご機嫌な犬も多い。

人間同士は言葉があるから、悪い人間はある程度ごまかしが効く。
しかし犬は人間の内面まで動物の勘で瞬時に見抜くから、犬は騙せない。
私も人を見ると「この人は犬に好かれそう」「この人は犬に嫌われる」と見るだけでわかる。

私の友人も動物好きが多い。
よく女性が好きな男性のタイプに「動物好きな男性」を挙げる。
これも女性は「動物の勘」を使って男性を判断しているのだろうね。



パピヨンの男の子 とっても可愛い
世界チャンピオンの子犬です。



良い子犬を選んで購入する理由をお客様に説明してます。
例えば血統の良いフレンチブルの子犬を飼ったとします。
子犬の頃はその仕草もあって、どの子犬も可愛く見えます。
しかし子犬は成長と共に血統の性質を表し始めます。

三ヶ月を超えると公園に行くようになります。
すると他のフレンチブルと会うようになり、他の犬と自分の犬を比較するようになります。
フレンチブルの本なども集めるようになり、購入時より数段フレンチに詳しくなります。

その時に自分の買ったフレンチが、スタンダードの理想の骨格構成で、毛並みもピカピカで
可愛くて賢い顔をしていると気付くのです。
自分の犬が公園にいる普通のフレンチとはランクが違うことに気付くのです。

また公園などに行っても、フレンチに詳しい人から「良い犬ですね〜」と言われるようになります。
もちろん自分が飼っている犬は可愛いものですが、客観的に見ても他人から優れた犬と評価されることは
嬉しいものです。

自分も可愛いと思い、他人からも評価される犬は飼って充実感があり、愛情が深まるものです。
この点を皆様に実感して頂けるように、多少値段は高くても、血統の良い、
健康な犬を選んでお勧めするようにしており、評価頂いております。



メール アイコン
E-mail

トップページへ