HPトップページへ

   アニマル日記
   
おもしろい動物とおもしろい人達
       その54 2015



ブリーダーさんはだいぶ遠方なので、チワワと道中の海と山を楽しみました。
我々は仕事以外で旅行することはほとんどありません。
私は会社員の頃から仕事の中に遊びを見付けることは得意です(笑)



ホームセンターで使いやすそうな容器を買いました。
おそらくゴミ箱か整理用の容器のようです。
深さがあるので大きな動物のエサも解凍しやすい。
毎日地道に世話をしていると、うちの動物たちはお礼に稼いでくれます。
うちの妻も「みんなよくわかっていて偉い」と動物たちを褒めてます(笑)



強力動物を扱う業者が集まると、危ない動物を扱った話や、危ない動物に噛まれた話をよくする。
またどんなに知識があっても、実際に強力動物を扱えないと認めてもらえない。

また危ない動物を扱うためには、ハンドラーも動物に負けない腕力や格闘技の実力が必要。
実際、強力動物を扱う業者は、空手、柔道、レスリング、相撲などの格闘技経験者が多い。
自分の飼っている動物を自在に扱えないようでは困るから。
動物を扱う話もそうだけど、自分の腕力を大きくホラを吹く人もいる。

そういう時は「じゃ、一丁やってみますか」と腕試しになる(笑)
昔のキメラの横の駐車場は「キメラ道場」と呼ばれてた。
キメラに来た業者たちがキックミットを蹴ったり、寝技の練習をしていたりして、車のオーナーたちを驚かせた(笑)

実際、私の友人たちにも「あなた自身が危険動物でしょ」という人はいる(笑)
「クマやイノシシを扱えると言うなら、まず強力な人間を扱ってみなさい」という感じ。
私もいつの間にか、どこに行っても「アニマルさん」と呼ばれるようになっている(笑)

以前には新宿スポーツセンターで、町田さんたちと腕自慢の業者さんを集めて異種格闘技戦をやった。
普段どんなに強そうなことを言っていても、実際に練習するとその実力はバレてしまう。
私も「オレは昔強かった」とは言いたくないので、日夜トレーニングに励んでます。
強力動物を扱う人は、せめて卓上の腕相撲くらいは少し練習しておいた方が良いでしょうね(笑)



私がたまに見る夢。昨晩も見てしまった。
それは飼っている魚や亀の水槽が異常に汚れている。
「え〜、なんでこんなに汚れてるの。エサもあげてないし」と慌てる夢。

この夢は実は小学生の頃から見続けている。
夢の中で愕然としながら、水槽掃除を始めると、いつも目が覚める。
そして「ああ、夢で良かった」といつも思うのだった。
この夢は私は一生見るのだと思う(苦笑)

動物の飼育は飼育ノートなども作って世話の漏れがないようにしている。
人間の記憶っていい加減で、記録に付けないと意外と日にちが経っていたりする。
動物の飼育はある程度のおおらかさと几帳面さの融合が必要ですね。



昨日のテレビは今でしょ講座 史上最高の視聴率だったそうです。
もちろんキムタクさん効果が一番ですが、「ワニガメパワーも貢献度大」とテレビ局からお褒めの言葉を頂きました。
やはりワニガメのキングは大金亀ですから、幸福パワーが違いますね。

今回は人気番組のスペシャルだけあって、とても勉強になりました。
林先生の別番組では天ぷら名人のみかわさんの話があった。
「名人は素人でも出来るかのように、何気なく天ぷらを揚げる」というもの。
しかしその奥には素材の吟味、油の温度など、表面には見えない努力工夫が為されている。

テレビの番組も、たった5-10分の内容に、一日かけて準備している。
テレビには1999年から出させて頂いているが、以前には動物の動きが100点満点でないこともあった。

パイナップルや大根をワニガメにきれいに切り落とさせるためには、タイミングや角度が必要。
特に動物をスタジオで上手に動かせるためには普段からの飼育努力も大事。
大御所さんたちを動物のためにお待たせするのは心苦しいから(苦笑)
お客様に「100点満点です」と言って頂いて、初めてプロと言えると思っている。

私の仕事は動物を売るだけでなく、その本当の性質、魅力を人々に伝える役目もあると思っている。
微力ながら少しずつ技の研鑽を重ねたいですね。


ゴールデンワニガメは美しいですね。
大事に育てていると光ってくる個体がいます。
キングみたいに育つかな。



4月14日(火)19:00 テレビ朝日 林先生の今でしょ講座 3時間スペシャルに出演します。
私は木村拓哉さんに最強認定されました(笑)お楽しみにどうぞ。
五箇先生のサングラスは強烈ですね。色々ご指導頂きました。



メール アイコン
E-mail

トップページへ