HPトップページへ

   アニマル日記
   
おもしろい動物とおもしろい人達
       その52 2015



ペットケージには色々な種類があります。
その中でもケージの網目が縦ピッチか横ピッチかを気にする人は少ない。
犬のケージは最初の白いケージのように縦ピッチが多い。
犬はある程度のサイズがあるのでピッチ間のある縦ピッチで大丈夫。
横ピッチでは犬が足を掛けると、体重でだんだんワイヤーが下に曲がってしまう。

小動物は小さいので、脱走防止にメッシュのピッチを小さくする必要がある。
また小動物はピッチに足を挟まれると、抜こうとして横に無理矢理振る。
その際に手骨を骨折することがある。
私も以前にフェネックに細い縦ケージを使って失敗したことがある。

また縦でも横でもイタズラする動物には、最後のメッシュケージを使うのが安全。
メッシュケージは動物が見にくいけど安全には変えられない。

このようなケージの種類や安全性まで説明してくれるペットショップは少ない。
実際、私の知識も人から教わったものではなくて、自分の体験で学んだもの。
ペットブームの現在は安価だけど危険が潜む用品は多く存在する。

仕事のプロになるということは、人があまり気付かないような問題点や安全性まで配慮することだと思ってます。

 
今日はドッグショーに行ってきました。
どんな世界でもそうですが、一番良いモノを見れば、後のモノの判断は出来るようになります。
「店長の専門は強力動物でしょ」とも言われますが、良い動物を判断する見る目は犬でもカメでも同じです。
これは場数を踏むことも必要ですが、ある程度天性のモノがあると思います。





東京タワー水族館に行きました。
ここは昔は魚の状態が良くなかったけど、少し改善されてました。
左の大型ジャウーはまだいました。エサを買えなくなったのがつまらないけど(笑)
右のバガリウスはヘンテコな顔がなごみます。

一緒に行った妻から「よくそんなに魚の名前知ってるね」と驚かれますが、
そんなの動物のプロなんだから当たり前です(笑)


ワニガメは甲長30cmと40cmがいて、子供たちに大人気でした。東京の夕焼けはきれいですね。


今日はテレビのスタジオ収録でした。
スペシャル番組なのでキャストも豪華で、動物たちもよく活躍してくれて良かったです。
おかげさまで日本最強の称号を頂きました(笑)
動物を上手に動かすには普段からの地道な努力が必要ですね。
また放送日が近くなったらお知らせします。


大根も大口の中に入るときれいに切り落とされます。



うちのチワワは普段はとってもマイペース。
しかしお客さんにお渡し前のプードルやチワワの子犬が来るともう大変。

大好きなお母さんに抱っこされている、小さいライバルに対抗心丸出し。
自分も可愛がられようと普段の10倍のスピードでお腹を出して甘えたり、
必死になって可愛いポーズを取ってみる。

そして子犬がお客さんのおうちに行っていなくなると、ホッとしているようだ。
うちのチワワにとっては、飼い主の愛情が当たり前でないことを学ぶ良いレッスンのようです(笑)


アニマル劇場

以前に好評だったアニマル劇場の小話を新しく追加したり、古い話の下手な文章を直してます。
趣味で書きためた小話が、いつの間にか増えているので。



ハッピーカスタマーズのページを更新しました
おかげさまで7ページになりました。
昔からの写真を眺めて、お客様と愛ペットの皆様は元気かなと思いを馳せました。
沢山のお客様は経験と信用の証ですね。
16年のご愛顧に感謝して、更なる努力を重ねます。



ホワイトのプードルです。
お人形みたいで可愛いですね。
アメリカグランドチャンピオンの娘です。




ヨルダンのパイロットが入れられていた檻を見たら昔を思い出しました。
もう20年近く前になるが、弟と二人で都内に一軒家を借りてピットブルを飼おうと思いました。
「よ〜し、犬のために立派な家を買ってやろう」と写真のような2m四方の巨大な檻を買いました。
狭い庭に檻を置くと檻が余計巨大に見えました(笑)

ピットブルが来る一週間前に檻は届いてしまい、檻は何も入らないまま庭に鎮座してました。
後に近所の人から「不思議な男性二人が引っ越してきた。そして庭には巨大な檻が置かれた。
一体何が入るのだろう?トラやクマなどの猛獣じゃなければ良いけど」と近所で噂になったそうだ(笑)

実際にピットブルが来ると、昼間二人とも仕事で留守なので
「ワンワン、ウオーン!と犬が一日中鳴いて、テレビの音も聞こえません」と苦情の張り紙をされた。
結局犬は室内で飼うことになり、残念ながら無駄となった巨大檻はオークションで処分されました(涙)





メール アイコン
E-mail

トップページへ