HPトップページへ

   アニマル日記
      その40
2012
     おもしろい動物とおもしろい人達



リューシワニガメです。
怒ると口の中から泡吹いてかっこいい!

ガオー!


最近ワニやワニガメ飼育に関してだいぶ細かい質問が来ます。
元々ワニやワニガメはペット動物の中では最も丈夫な動物たちです。
私も子供の頃から自分が強くなりたいのと同時に、強い動物に憧れて飼育してました。
正直、神経質で手間がかかる動物の飼育は苦手だし、飼いたいとも思いません。

ワニやスナッパーは水質、水温、エサなどわりと適当でも生き抜く強さが彼らの魅力です。
現地の生息地に行くとワニガメなんか台車から地面にぶん投げられても全然平気ですからね。
下のキングも水換時にホースに食らいつくのを樫棒で突いて防ぐのだけど
何回突いてもどかしても向かってきます。
私に鍛えられているせいか、ストレスなんてほとんど感じてない奴らなんです。

もちろん基本的な条件は配慮する必要はあり、いい加減に飼うことを
勧めているわけではありませんが、動物はおおらかに飼いましょう。
レベルの高い飼育者は細かい部分だけにとらわれず、大きな視点で動物を見ています。

強力な動物を大切におおらかに飼ってあげて、彼らのパワーを吸収し、
飼主さんの人生が幸せになることが私の望みです。


今日はお客様と一緒に駒沢公園のドッグランに行きました。
写真を撮るとなぜか変顔をするコタロウ君。
コタロウ君は一才になりましたが、足や胸もガッチリとよく育ってました。
子犬の頃にうちにいたことを思い出したのか顔をメチャクチャ舐めてくれました。

子犬の購入後に成長振りを見せて頂くことはとてもうれしいことです。
私も彼らの成長振りから色々学ぶことがあります。


ドッグランって楽しそうですね。
ここのドッグランは予防注射の確認などの登録作業はありますが使用料は無料です。
ドッグランは見学には行きますが、うちのピットブルには無縁の場所です(苦笑)


駒沢公園って広いなー。
偶然懐かしいお友達にも出会いました。

塔のふもとの池ではカモの赤ちゃんが泳いでる。
コタロウ君も水に飛び込みそうな勢いでした。



掃除中に向かってくるキングを抑えたらデッキブラシの棒がバッキリ折れました。
やはり巨体でバカ力のキングのハンドリングには樫材の棒でないとダメですね。

キングは水換えポンプの太いホースにも齧り付くし、給水ホースのジョイントも囓ります。
私の指も囓ってくれたし、色々手がかかりますがおもしろい個体です。



ワニガメハンドブック2が発売です。
2625円 95ページオールカラー 大久保さんサイン入り。
日本最大の甲長75cmのワニガメの写真も載ってます。
ご希望の方はメールかネットショップからお願いします。


浜松町の動物ショーのブラックアウト。
写真は友人の店が出しているオオヤスデ。
太さは私の指くらいあり、長さは20cmもある。

「飼育簡単、かわいい!」ってこれかわいいか?
「3900円超特価」ってのも安いのか高いのかよくわからん。
「このかわいさがわかる人だけのペットです」とは友人の言葉です。
さすがに「よく慣れます」とは書いてなかったぞ(笑)

意外とお客さんたちはこやつらを平気で手の上に載せていた。


ワニやワニガメにエサを与える場合は素手を避けて、写真のようなトングなどを使用するのが安全です。
何度も言ってますが危険動物は危ないから危険動物です。
危険動物を管理する人は毎日の世話に於いて安全を第一に考えるのは当然です。
これは自分のためでもありますが、他の飼主や爬虫類業界への責任でもあります。

注意不足の人が事故を起こして迷惑するのは周りの人たちです。
先日のアミメの件もそうですが、10年事故がなくても一度でも事故が起きたら責任問題となります。

猛犬はしっかりしつければ飼主を噛むことはありません。
しかしワニやワニガメ、オオトカゲなどの爬虫類に絶対はありません。
私はこの業界には結構長くいますが、慣れていると自慢している個体に限って後から事故を起こしてます。

私自身注意しているつもりでも、長時間の作業に疲れた時、新しい器具に変えた時に
動物たちに噛まれてます。
複数の動物を飼育していると、作業の手順の中で自分の体がいつもどのくらい
容器と動物に距離があるかをよく把握してます。
そして容器のレイアウトや飼育器具を工夫して安全を確保してます。

大型のワニやワニガメなどはヤワな飼主の指をブッチ切るくらいのパワーは軽く秘めてます。
私はこの仕事を天職だと思っているので少々噛まれてもガマンしますが、
ガップリ噛まれたら相当痛いことは経験者なので保証しますよ(苦笑)




メール アイコン
E-mail

トップページへ