HPトップページへ

   アニマル日記
      その34
2011
     動物たちとのおもしろいできごと



ピコリノがショコのおうちに嫁入りしました。
二人は超仲良しで、この後チューまでしてました(驚)
これでお留守番中も楽しく遊べるね。

人間もそうでしょうが犬も何頭かで飼うとわがままが直り、
コミュニケーション能力が高まります。


「今回も自分の犬にならなかったか」と残念そうな妻と夜景の見えるバーで一杯やりました。
「でもあの二人は仲良しだから幸せで良かったね」と二人で思いました。
犬は行くべき飼い主さんのところに行くのだと毎回思わされます。



今日は昆虫と爬虫類の展示会のブラックアウトをのぞいてきました。


大久保君の玉川ペットさんのブースにはイモリがいっぱい。
イモリは子供の頃によく飼ったなー。
イトミミズなどをあげるとよく食べておもしろかったです。


アクアホリックさんのブースには、はるばるタイからやってきた
大きめのダンゴムシ(タマヤスデ)がいっぱい。

アクアホリックの朝岡社長いわく

「愛くるしいタマヤスデは欧米ではピコボールと呼ばれてる。
 しぐさがとってもかわいいいピコちゃんは女性にも大人気!」

ってマジでホントかよと思いましたが、
ピコボールはAH社のブース一番人気でホントにバンバン売れてました。

しかしうちの妻にはピコボールはゴキブリにしか見えないようで、
うちのチワワと同じ名前なのはありえないそうです。

アクアホリックさんHP

今回の出展者の中で朝岡さんが一番まじめそうに見えるのに
実はおもしろい方ですね。
朝岡さんはこの業界の老舗でとても信用のあるお方です。


今日はキャットショーを見学に行きました。
ショードッグは散歩しているところを公園などで見ることができます。
しかしショーキャットは家で飼われているので一般の方の目に触れることは少ないでしょう。
ゴージャスな猫ちゃんたちがこのリボンを目標に美しさを競います。


ジャッジの審査を受ける猫ちゃん。
ショーキャットは触られ慣れていておっとりです。
毛並みがフワフワで余計大きく見えます。


いつもながら猫ちゃんの控え室は派手ですね-。
皆さんケージの目隠しに工夫をこらしてます。


シャム、ペルシャ、アビシニアンなどの美しい猫が登場する中、
ひときわゴージャスなオーラを放つのがノルウエージャンです。

私は昔からノルウエージャンが好きでしたが、
今回もこの子に見とれてしまいました。
私の中ではこの子が今日のベストインショーです。



ハッピーフライト



ワニガメ研究所訪問




松山出張番外編




動物に噛まれる痛ーい動画集

恐いのが苦手な方はご遠慮下さい。



「捕ったどー!」ではありませんが、白イリエくんは順調に成長してます。
ワニは成長ごとに少しずつ捕定のテクニックを変えていく必要があるようです。

私の腕も以前よりは太くなりましたが、ワニの胴体が私の太ももを超える日も来るでしょう。
ワニの成長と同じようには人間は強くなれないからな。



動物界、特に強力動物に関しての情報は不確かなものが多いです。
本を書いている人たちも危ない動物には実際に
自分の目や手で触れてないから仕方ないのでしょう。

「ワニは日光浴をしないとすぐクル病になる」とよく飼育書に書いてます。
しかし私の経験ではカルシウムなどの栄養が十分なエサを与えていれば
ワニは日光浴なんか適当でも全然きれいに育ちます。

「ワニやワニガメはもてあます大きさに成長する」
これも間違いで、彼らは容器より大きくはなりません。

「大型ワニガメは水から出すと自重で内蔵を傷める」
これもアメリカに行くと大型ワニガメは尻尾を持ってぶん投げられてます。
その後も全然元気に成長していることを見ると彼らはだいぶ丈夫ですね。

動物たちに負けないように自分も鍛えてがんばります。


ピットブルの闘犬大会に行きました。
町田さんの愛犬は試合前はこんなに甘えん坊。


試合中は相手をガリガリ噛んで圧倒しました。


「イザキさんも強い犬連れてきた?」と聞かれるので、
「最強のを連れてきました」とこれを見せると、



皆さん「うーん、これは強そうだ」と笑ってうなずいてくれました。



その33へ

その32へ

その31へ

その30へ

その29へ

その28へ

その27へ

その26へ

その25へ

その24へ

その23へ

その22へ

その21へ

その20へ

その19へ

その18へ

その17へ

その16へ

その15へ

その14へ

その13へ

その12へ

その11へ

その10へ

その9へ

その8へ

その7へ

その6へ

その5へ

その4へ

その3へ

その2へ

その1へ


メール アイコン
E-mail

トップページへ