アニマルな毎日

    その21
      2009
お店のおもしろいできごと、ニュース等



1月2日(金)

NHKの動物カミツキ大会を見ました。
当店のワニガメが並みいる猛獣たちを抑えて優勝しました。
噛む力の測定結果は以下の通り。

ワニガメ 300kg
ワニ    90kg
ヒグマ  111kg
トラ   129kg

しかしながら動物を本気で噛ませるのは結構難しい。
今回は私の動物を扱う技術の勝利と思ってます。
ワニガメですら私の他にもう一人上手に扱える人がいれば
もっと数値が出たと思います。

ヒグマやトラなどの哺乳類の猛獣の本気噛みは更なる
テクニックが必要だと思います。
1トンの水牛を噛んで引きずるトラや、馬の足を噛み折るヒグマの
数値がこんなもののはずがありません。

番外
アニマル店長 120kg

本気噛みではないとは言え、ヒグマやトラ並みの数値を出したのには
NHKの人たちも驚いたはずです。
「イザキさんに120kg出されると猛獣がしょぼく見えてしまうと」とすら言われました。
逆に民法のバラエティ番組だったらおもしろがられて間違いなく放映されたはずと思いました。

凶暴で名をはせるカミツキガメの甲羅をもグシャグシャにする噛み砕くミシシッピアリゲーターの恐ろしいパワー。
ワニガメの甲羅のキールはアリゲーターの攻撃を防ぐものです。



11月1日(土)


今日は猛犬ドゴの大会を見学してきました
ドゴレポート



以前に訪問したオーストラリアのドッグショーのレポートは掲載してなかったので
あらためて載せてみました。
オーストラリアドッグレポート



10月30日(木)


今日はNHKさんのテレビ撮影でした。
ワニガメを始め猛獣たちの噛む力はどれくらいなのか。
その迫力の内容はテレビを見てのお楽しみです。


10月28日(火)


今日はお休みだったので新宿に行って色々買物しました。
写真は超薄型のデジタルカメラ。
携帯電話より薄いのが驚き。
私はあちこち飛び歩いているので、薄くて軽いカメラはポケットの中に入って便利です。

私は元々写真を人にお願いするのはミーハー(死語か)で嫌なのですが
皆様におもしろいことを伝えれるよう恥をしのんでお願いしてます。
最新の携帯のカメラでも夜間はほとんど撮影が不可能です。
しかしこの薄型カメラがあればもうシャッターチャンスを逃すことはないのがありがたい。

しかしこのような優れたデジカメが2-3万円で買えてしまうのが
日本の技術のすごさですね。
不景気だとは言いますが、世界を見て回った私からすると日本の教育レベルと勤勉性は
一番とは言いませんが強い基盤だと思います。


10月22日(水)


先日ペット用品の問屋に行っておやつとおもちゃを色々買ってきました。
ペットの用品もドンドン新しいものが出てくるので遅れないように勉強しないといけません。
楽しい感じになってきました。




こやつは一体何者なのか。
アヒルのようだけど頭に毛が生えてます。
一応ワンちゃんの人気おもちゃらしいです。



中学の頃からのお友達の海宝先生から60-70年代のオリジナルミックスのCDをなんと40枚も頂きました。
海宝先生は音楽と映画などの私の先生です。
どうやら以前に私が昔のコレクションのルアーなどの釣具をプレゼントしたお礼のようです。
40枚は聴き応えがありますが、ありがたく車とお店で聴かせてもらいます。


10月13日(月)


今日は祝日で街は人が多いです。
チワワのクロッちゃんをお供に白金台のプラチナ通り脇の児童遊園に行きました。
ここは最近出来た公園で気持ちが良くていい感じです。

チワワのクロッちゃんはみんなに「かわいいかわいい」と可愛がられてうれしそうでした。



外国人が多い公園にはトレーニング器具があります。
これは懸垂用。
もう少し高いと使いやすい。
日本は危険なものを取り除く傾向にありますが、
子供は危ないものを小さい時から学ぶ必要があると思います。

右は三頭筋用のディップにちょうどいいぞ。
後は腹筋台が必要だな。



一周250mだと最低10周はしたいですね。
今月号の女性誌のFRAUは「走る女性は美しい」とランニング特集です。
たしかにスポーツしてる女性はセクシーですね

右の写真は隣にある自然教育園です。
ここは中に入ってみると思ったより奥行きが深く、一周2kmくらいあります。
中に入ると森と池に囲まれた中で鳥が鳴いたりして東京の郊外に来たような気がします。
アップダウンがあるので以前に妻と一緒にランニングしました。


10月2日(木)

白金と言えど近所にホームレスの方がいます。
よく会うおじさんはなぜかいつも自転車の前カゴにハトを入れてます。
うちの妻などはそれを見て「あれは今日の夕食になるのかな?」なんて言ってました。

今日そのおじさんがそばを通ったのでハトについて聞いてみました。
おじさんいわく「このハトはカラスにやられて怪我をしていたのだ。今は私のペットなのだ」
カゴの中にはちゃんとエサも入っていたので本当なのでしょう。
「おじさんやさしいね」と言うと笑ってました。
色々な人と友達になるとおもしろいです。



その20へ

その19へ

その18へ

その17へ

その16へ

その15へ

その14へ

その13へ

その12へ

その11へ

その10へ

その9へ

その8へ

その7へ

その6へ

その5へ

その4へ
その3へ
その2へ
その1へ


メール アイコン
E-mail

トップページへ