お店の日記とニュース
  2000年

お店であったおもしろいこと、新しいニュース、店長の独断等を入れてます。


12月31日(日)


昨日はココリコの黄金伝説の取材の本番でした。
うちのイヌとカメを出して、ココリコの田中さんと鑑定士の町田さんが来て大盛り上りでした。
近所の人も人だかりができてました。
2月7日のオンエアです。

本年は大変お世話になりました。
新年も更にパワーアップして皆様に楽しんで頂けるよう頑張ります。ご期待下さい。
皆様も良いお年をお迎えますように。


12月21日(木)

今日はお店に以前保健所でもらい受けたという子犬の成長ぶりを見せにお客様が来られた。
かわいい顔していてぼくの顔をぺろぺろ舐めやがる。
名前もラッキーで、もらわれなかったら殺されたんだろうと思うとほろりときます。
イヌは本当にけなげな動物です。


12月14日(木)


クワガタ人間の巻:

Aちゃんは小学1年生。家にはクワガタを飼ってます。
しかし鍵っ子なので夕方おなかがすくらしい。
ある日店に来て言うことには、さっきおなかがすいて家でクワガタゼリーをちょっとなめたとのこと。
もちろん害はないのだが、ちょうどそこにいた町田さんが

「えー!クワガタゼリー食べちゃったの、あれ食べるとクワガタになっちゃうんだよ」
と言った。
彼女のおなかをさわり「ほらもう幼虫がおなかの中で動いてる。頭も角が生えてきてる。」
と言うとさすがは小学生、真顔で信じて半べそで家に飛んで帰りました。
大笑いしちゃったけど悪かったかな。彼女は次の日やってきて
「クワガタにならなかったよ。おじさんの大うそつき」と言われました(笑)


子供できちゃったの巻:

A子さんは18才。とてもセクシーなかんじでメスネコのスズちゃんを可愛がってます。
ある日お店に来ていきなり「店長さん、あのー子供できちゃったんですー!」と言う。
「でもスズちゃんは避妊手術してたでしょ」というと「えー、私ですー!?」との答え。
やはり女性は子供が出来ると嬉しいのでしょうね。


スタンガンvsカミツキガメ:

Aくんは高校2年生。カメが好きで電車を1時間乗り継いでうちの店に来ます。
ちょっと暗い感じですが段々打ち解けて学校の話しなどをするようになりました。
実は学校でいじめられているらしい。それもスタンガンを押し付けられるらしい。
私も考えて、20cmくらいのカミツキガメをふところに入れておくことを提案。
しかし彼がその後それを実行したかどうかは定かでない(笑)


12月13日(水)

土曜日夜は米国よりカメが到着。
日曜日は巨大ワニガメの納入と、ほとんど寝る暇もないくらいでした。
しかしなんとか無事故でクリアしほっと一息です。
今年はもうおせおせになってしまったのでクリスマスパーティーは新年会にしようと思ってます。
ワニガメのお客さんは巨大ワニガメ到着後すぐ金運に恵まれたとのこと。
すごい動物はかなりの幸運を運んでくると私は信じてます。
もちろん粗末に扱うと不幸になるのも当然です。


12月4日(月)

明日はお休みですが、問屋のバーゲンがあり、メーカーさんがいっぱい来るので面白い新商品を選んできます。
アメリカモモンガも入ったようなので連れて帰るつもりです。


動物の選び方: 

動物をを選ぶ視点は一に健康、ニに性格、三に容姿となるでしょう。
もちろんこの3点を満たす動物だけを仕入れるようにしますが、
小動物などはちょっと足が悪いようなやつに限って性格が良かったりします。
そういう動物は心の広い優しい飼主さんに引き取られると幸せだと思います。

イヌなどはカラーから入る人もいますが、流行が変わったらどうするのでしょう。
子犬は何頭かいると好みのカラーでなくてもやけに自分になつきそうなものがいます。
長く生活を共にするものはそのへんを選択の基準にするのが良いと私は思います。

良い動物は人間と同じで、なにかオーラのような光る雰囲気があります。
これを感じられるかどうかが良い動物を手に入れる分かれ道となります。
ハ虫類などは性格に重点を置く人は少ないですが、ワニガメなどでもおとなしい個体と狂暴な個体があります。
(弱っていておとなしいのは論外)それでもやはり良いものは持っている雰囲気が違います。

また国内海外を問わず、良い人のもとには良い動物がいますね。


12月4日(月)

今日はプレーリーさんが売れました。お客さんの外人さんに
「ここの動物はみんな店長さんのペットみたいだね」と言われました。
自分が見ても欲しい動物、きれいな動物を置くことの大切さをあらためて感じました。
気に入った動物の世話は毎日やっていても楽しくできます。



12月3日(日)


今朝はサモエドのブリーダーさんのところにお客様と子犬を見に行った。
スピッツ系なので鳴くかなと思ったらとてもおっとりしたいいイヌでした。
子供は白熊の子みたいです。
さすがショーのチャンピオンの子犬、骨量、被毛の美しさなど申し分なしです。
ブリーダーさん自身も本当にイヌが好きなようで微笑ましい。
うちのボーすけと公園で遊ばせました。



12月2日(土)

米国からのカメはシカゴの猛寒のため1週間遅れます。
チンチラはバイオレットとシナモンを連れてきました。]
100匹くらいいる中から選んだ2匹なので容姿、性格とも抜群です。


11月27日(月)

皆様から動物のために働いてお金を貯めていることを聞くたびに、
とてもうれしいのと同時に、良いものを提供する責任を痛感します。
せっかく貯めたお金で変なもの買わされたら頭にきますもんね。
しかし全国から動物を受け取った後に喜びの声を頂くのはショップとしては最高の幸せです。
おもしろい動物に会うのもおもしろいですが、おもしろいお客様に出会うのがもっと楽しいです。

今週末には巨大ワニガメが上陸するので、お客様のところまで無事にお届けするまで気が抜けません。
木箱は1m角、100kgもあるので1人では持ち上がりませんな。
昨日は闘犬家の中にも私のことを知っている人が何人かいました。
それもピットブルではなくて「あ、ワニガメの人だ。テレビ出てたよね。」
と言われ、意外と見ているものだと驚きました。


11月26日(日)

昨日はお客さんに呼ばれフランス大使館のパーティーに行き、さすがにワインがおいしかった。
今朝は朝6時に起きて町田さんと東北に闘犬を見に行った。
強烈なゲームだが飼主のあやまりにより終わるケースが多く、イヌを大事にしている感じがした。
ぼくは自分のイヌが傷つくのは絶対耐えられないけど。


11月25日(土)

掲示板開設して早速皆様メッセージ頂き有難うございます。
ご指摘の通り、以前は当サイトはそれほど更新してませんでしたが、
勉強して頻繁に更新、拡大したいと思います。

今日はチンチラベビーを買って頂きました。
現在はフェレットのベビーとプレのカップルが人気です。
今日はまた珍しくジョージがお店に出勤です。

散歩の時に慶応大学の三田祭に入ろうとしたら、イヌは駄目とのこと。
日本はまだイヌが入れないところが多すぎます。
お店では女性からは「強そー」という声と「かわいい」という声と両方聞かれます。
フェロモン犬とも呼ばれてます。
フェレットの名前の"たんぽぽ"はかわいいと好評です。



パンク町田さんと一緒に鬼怒川でピットブルの闘犬を見学。
その後は気持ちの良い温泉を楽しみました。



大型ワニガメを納入させて頂きました。
整骨院さんの待合室です。



4月
アメリカからジョージのお嫁さん候補のレッドボーが来ました。
皆様よろしくお願い致します。



アメリカにワニガメ出張してきました。



メール アイコン
E-mail

トップページへ