アニマルな毎日

    その20
      2008
お店のおもしろいできごと、ニュース等


9月30日(火)


今日はお休みだったので動物の洋書を買い込んで来ました。
上段は類人猿とボノボの本。(牙と指のアップ写真が迫力)
下段は左からコブラの専門書(タイ語で読めませんがカラー写真が秀逸)
中 カミツキガメの専門書(写真は一点もなくデータのみ)
左 子供向けのワニの本(子供向けのはずなのにワニがシマウマや鳥を噛みまくります)



アジア産のでかいカニも売ってました。
巨大なハサミに挟まれないように上手に持ちます。
「イザキさんこれからは狂暴ガニですよ」と言われました。


9月27日(土)


写真はお客様に頂いたワニガメ剥製の写真です。
これは美しいですね。
あるはくせい屋さんのHPを見ていたら
「ご愛犬の死後は剥製に」というのがありました。
「お手のポーズも基本料金以内です」とは驚き(笑)
さすがに「おじいちゃんも剥製に」なんてのはありませんでした。

大事にしていたペットの死後は飼主の判断に委ねられます。
「カヌー犬ガク」で有名な野田さんは愛犬ガクの死後は
毛皮にしていつも身にまとっているそうです。
それを非難する人もいますがこれは愛情表現の違いだと思います。

剥製と言えば昔町田さんのお友達の女性がアメリカはロッキー山脈のモンタナに
剥製学校の修行に行かれました。
渡航前に私は剥製屋の社長と電話で話して準備のお手伝いをしました。
英語で剥製はStuffed AnimalまたはTaxidermyと言います。

社長いわく「うちの学校は2年みっちり修行すれば食べていけるだけの技術を習得できる。
そのためには化学の本なども必修で相当な英語力も必要。
春夏のロッキーはカヌー遊びやハンティングなどで楽しいが、
冬のロッキーは雪に閉ざされて慣れない人は気が狂うくらい厳しい環境だ」
と朴訥に説明してくれました。
剥製学校からのカタログには巨大なグリズリーやムースの立派な剥製の写真が載ってました。
やはりアメリカはスケールが大きいですね。


9月26日(金)


神田には古本屋さんがたくさんありますね。
医療専門、音楽専門など専門分野の古書店が並びます。
写真は神田古書センターです。
10階建てのビルの3Fに鳥海書店さんがあります。
鳥海さんは動物関係専門の古本屋さんです。
動物の本ばかりぎっしり詰まった本棚に囲まれるとあっという間に時間が経ってしまいます。
私はヒグマの本と開高健さんの本など10冊くらい買い込んだら動物古書の目録まで頂きました。

動物本の発掘に没頭している私を置いて妻は他の階も見学してました。
「8Fだけやけに人気で人が多いよ。あれはなんの古本屋?」と妻が聞きます。
「バカだな。あれは芳賀書店だよ。エッチの専門店」と私に言われて
「どーりでリュックしょった人がたくさん見えたよ。ハーガ書店もいーくいく」
と妻ははしゃいでました。


9月20日(土)


チワワのクロっちゃんを連れて近所の有栖川公園に行きました。
クロっちゃんは公園で大はしゃぎです。
有栖川公園は都会のオアシスのように静かで気持ちが良いです
週末の有栖川公園は外国人率100%ですね。

クロっちゃんは6ヶ月になって少し大きくなりました。
よく「ペットショップで売れなくなった子犬はどうなるの」と聞かれることがあります。
その答えは「売れないことはないのです」
少々大きくなっても可愛がってよく慣れさせておくと
その子の魅力をわかってくれる人が不思議と出てくるものです。
クロっちゃんも血統が抜群なので人なつこい性格とゴージャスな毛並みが魅力です。


8月14日(木)


前回のライオンと合わせて美女と野獣。
6年間お世話になったキャロリンさんがアメリカに帰国しました。
今日は成田で犬と猫の輸出手続きのお手伝いをしました。
輸出入手続きに関しては機械からイルカまで私のお手のものです。
犬猫の輸出手続きは簡単に終えて、さすがに頼りがいがあると感謝されました。
(動物の輸出入書類はせいぜい数十枚です。中国向けのプラント輸出許可取得には電話帳数冊分の書類が必要でしたから。)
動物検疫所の方も航空会社の方も私のおかげで業務がスムースに進んだとお礼を言われました。

当店には海外から日本に居住しているお客さんが多く来られます。
彼らは本国でもそれなりの地位の方たちなのでこちらも色々教わることが多いです。
良いお客さんが日本を去るのは寂しいことですが、人生に別れと出会いは付き物です。
良い人との出会いを大事にしたいと改めて思いました。


8月12日(火)


ライオンの子供さん
いたずらで結構力が強い。
後半年くらいたつと私は軽くやられてしまいます。

小さなピットブルくらいあるので結構噛む力が強いです。
ネコ科とクマ科の猛獣は勉強してみたいです。



8月4日(月)

定休日以外では今日一日だけが夏休みなのでシーワールドを見学してきました。
シーワールドレポート



7月14日(月)

夜中のカブトムシ捕りを町田さんたちと楽しんできました。
カブトムシ大作戦レポ



6月14日(土)

うちの動物のエサ用にアジを100匹買ってきました。
鳥の頭10kgという時もよくあります。
このくらいの量は業務用では普通の量です。
うちのカメさんとワニさんたちは腹ペコだと一日でこの100匹全部食べてしまいます。
ワニガメ研究所さんの淡水魚などのエサの量もすごいですね。
更にはアジアのワニファームは一日の鳥の頭の量が3トンだから驚きです。

よく海の魚を淡水のカメやワニにあげて大丈夫かと質問されます。
アジは水族館でもよく使用されるように他にも色々エサをあげていれば
当店でもこの10年来成長に全く問題ありません。



6月10日(火)

サファリパークを見学してきました。
猛獣の見せ方と管理が上手でとても参考になりました。
サファリレポート




6月3日(火)

今日はお休みなのですが神田の本屋さんで色々買い込んできました。
私は大きな本屋に行くと3時間くらい滞在してしまうことがあります。
たくさん本を買うのですが選ぶのに目が疲れてチカチカしてしまいます。
今回も色々買ったのですが、特に今回の欧州出張でドイツ語の習得の必要性を
感じたので下の三冊を買いました。

既に英語をマスターしている人の他の欧州言語の習得は英語をベースにするのが基本です。
動詞の活用の違いなどはあっても基本的な文法などが同じだからです。
仕事は英語で問題なくても母国語を少しでも勉強している相手には配慮が違うものです。




5月17日(土)

ヨーロッパにトレーニング用品メーカーとシェパードなどの警察犬訓練学校を
訪問してきました。

本場のドッグトレーニング体験記

欧州RB出張紀

欧州出張紀(番外編)





その19へ

その18へ

その17へ

その16へ

その15へ

その14へ

その13へ

その12へ

その11へ

その10へ

その9へ

その8へ

その7へ

その6へ

その5へ

その4へ
その3へ
その2へ
その1へ


メール アイコン
E-mail

トップページへ