お店の日記とニュース

 その2 2002
お店であったおもしろいこと、新しいニュース、店長の独断等を入れてます。


11月20日(水)

秋田の将軍野中学校の美少女3人組が修学旅行研修でお店に来られました。
動物の観察やお店の手伝いを楽しくやって帰りました。
動物関係のお仕事につきたい子もいて、願いがかなうと良いですね。




10月16日(水)

町田さんにラックを作ってもらいましたが、その合間にハリスホークを飛ばしました。
マンションの屋上や電線から呼ぶとすぐ戻ってくるのはすごい。
町田さんがいなくなるとピーピー鳴いて淋しがります。まるで空飛ぶ犬のようです。
都心に突然現れたターザンと猛禽に道行く人は唖然とし、子供たちは大喜びです。
町田さんはどこに行っても大人気ですね。



8月27日(火)

チョウゲンボウの調教を近藤さんと一緒にやりました。
都心の真中の畑の横でやりました。マンションの屋上からでも飛んで
戻ってくるのはおもしろいですね。スタッフも欲しがってました。



8月25日(日)

虫屋さんを見に行ったらスマトラヒラタ(90mm)を買ってしまった。
バラワンとかの方が長くて大きいけどスマトラが一番
クワが太くてケンカが強いとの言葉に買ってしまった。
国産のクワガタとは比較にならない大きさと迫力にかなり気に入ってます。



8月13日(火)

でかいピットブルを預かりました。大きいけれどとてもいい子。
エンセンさんのシュートの子供。オスで体重は38kg。
名前は”マコちゃん”。お散歩すると子供が、ライオンだ!と言って驚きます。



7月20日(土)

今日から子供たちは夏休みスタートです。当店も店前で金魚、ミドリガメすくい大会を
やってます。子供や大人が集まり結構おもしろいです。
誰が上手か大会も行い、近所のおねえさんがぶっちぎりで優勝しました。
あみの強さにも3種類あることははじめて知り、結構こつがあるもんだとも思いました。


6月17日(月)

今日は動物愛護センターを見学してきました。
いわゆる不要動物の里親募集と処分の場です。都内では犬の処分数は減っているとの
こと。猫は野良猫が多いのでいまだ相当数が処分されてます。
雑種や大きくなった犬猫でも飼いたいと思われる方はご連絡下さい。
当店でも心ある方に何件か引き取って頂きました。

5月28日(火)

伊豆熱川バナナワニ園に行きました。


これはイリエ推定3m一番狂暴らしい。


これはナイル推定1mちょっと。これは飼えそうだ。


フィリピンクロコダイル推定3m結構でかい


レッサーパンダちゃん ならせばなれるらしいが主食が笹では飼育は困難でしょう。
しっぽふさふさ。人間などおかまいなしに遊んでる。


パンダの世話に忙しい中、私のしつこい質問に応じてくれた浜野係長。
ビバガにも出てましたね。

今回ワニについて気付いた点。

カメと同じで容器とエサでサイズはかなり調整できる。
水温が高ければクロコダイルなどは気温が低くてもある程度対応できる。
南米カイマンなどは高温が必要。
オスはメスよりかなりでかい。

5月17日(金)

日記は長いことご無沙汰でしたが、その間色々行きましたので見て下さい。
他にも警察犬展覧会などにも行きました。

上野動物園に行きました。朝一番乗りで誰もいない園内へ。
爬虫両生類館も新しくなりおもしろいです。


これはクズリ。小さいくせにトナカイも倒します。クマも追い払うらしい。
アゴが強く、強力な爪も持ちます。
アフリカのラーテルと共に小さいくせに強い動物。
アメリカにもいるのでピットブルと闘わす人もいるらしい。

昼寝してやがったのでイヌの鳴き真似したら起きてきてこっちを見てる。
米国ウルブリン協会に問い合わせたら子供のうちから飼うと慣れるがかんしゃくを
おこすこともあるらしく、また手術してないフェレット以上の臭いで飼育は
困難とのことでした。



イリエワニの幼体 小さくても獰猛な顔してる。
4mのイリエは化け物のようで人間が押さえこめるものではない。
池の下にいて写真撮れませんでした。次回撮ってきます。



エゾヒグマ かなりでかい。人間などいちころでしょう。





メール アイコン
E-mail

トップページへ