アニマルHPトップページへ

アニマル日記バックナンバーへ

アニマル日記
おもしろい動物とおもしろい人達 2019



東京タワーのレプタイルショーに行きました。
昔からの友人に会って、楽しくお話ししました。
ペットの動物は人間同士の架け橋なのですよね(笑)

当店はこの春で20周年なので、いつのまにか古い方になってきました。
今月から春にかけては犬のショーも多いので今年も楽しめます。
いくつになっても人から学ぶ姿勢は忘れません。



愛犬家さんたちと話していると楽しいです。

「うちの犬はよく笑う」
「うちの犬は私の言葉がわかる」
「うちの犬は私に顔が似てる」

など愛犬家でない人が聞いたら笑われそうな内容です。

うちのブンちゃんは写真のようにいつも笑ってます。
また犬は教えればかなりの言葉を覚えます。
また犬といつも一緒にいると飼主さんと表情が似てくることはよく見ています。
人間でも夫婦で顔が似てる人がよくいるように(笑)

更には「亡くなった犬の気配、匂い、足音を感じることがある」
などの言葉もよく聞かれます。
犬と一緒に暮らすということは他の人が得られない体験が出来るものです。

海外でも「子供が産まれたら犬を飼うべき」なんて言葉もあります。
一人っ子が多い現代の日本でも犬は子供の良いお友達になってくれるでしょうね。

It is fun to talk with dog fanciers.

They say "My dogs laugh." "My dogs understand what I say." "My dog looks like me."

Maybe these words sound ridiculous for those who have not dogs.
But my Chihuahua is always smiling like the picture.

Some dogs understand pretty much what their owners say.
Some dogs faces are getting similar to their owners
just like some husband and wife look like each other in years.

Even some dog owners say that they feel smell, footsteps and presence of dogs who passed away.
We learn a lot things from dogs, love, courage, passion.

In England people say that when you have a new baby, you should have a dog.
Dogs will be good friends for kids. Specially for the kids who have not brothers and sisters.


 
リューシワニガメのビッグヘッドとレモンちゃん。
少し大きくなってきました。



ワニガメは冬眠中も水換えをします。
特に動きが少なくなる冬場は、腹甲やお尻周りをブラシでキレイにしてあげます。
愛情を込めて世話をするとカメたちはピカピカになりますね(笑)



欧米の「賢い犬ランキング」はほぼ一定してる。
その上位の常連は、ジャーマンシェパード、スタンダードプードル、ゴールデンリトリバー、ドーベルマンにボーダーコリー。
しかし沢山犬を見てきた私からすると犬は犬種毎に用途があり、それらを一概に比較するのが間違っている。

シェパード、ドーベルマン、ロットワイラーなどのドイツの使役犬は基本的にガードドッグなので警戒心が強く神経質。
色々なことがわかる分、感情が繊細なのだよね。
吠え声が多いので都心だとうるさがられる傾向はある。

プードルやゴールデンは狩猟犬なので、飼主の言うことがよくわかる。
また愛玩犬の歴史も長いので人間とのコミュニケーション能力が高い。
ゴールデンも人間みたいだし、プードルは飼主のこちらが犬に観察されている感じ(笑)

ボーダーコリーも牧羊犬として能力が高く、運動能力も高い。
頭脳も高いけど、人間と仕事をするのに向いている賢さだね。

私は個人的には一番好きな犬種はピットブルとチワワ。
全く真逆だと思われるかもしれないけど、意外な共通点もある。
ピットブルはまず自分が強いので圧倒的に自信がある。
自信があるから無駄に吠えないし、陽気でおおらかだ。
また元々、飼主と一緒に戦う闘犬なので飼主のコマンドはよく入る。

チワワはちびっ子なのだけど、なぜか性格が明るい。
またプードルよりは賢くないのだけど、ちょっとおバカなことをやって飼主を笑わせてくれる。
ピットブルに通じる幸福感がある犬種なのだよね。

こうして見てくると、犬の賢さというものは必ずしも絶対条件ではなく、
飼主の性格や環境に合わせて犬種を選ぶのが大事だと思います。



アニマル日記バックナンバーへ

海外、国内のおもしろい動物とおもしろい人たち





メール アイコン
E-mail

トップページへ