アニマルHPトップページへ

アニマル日記バックナンバーへ

 アニマル日記
 おもしろい動物とおもしろい人達 2018



カメの配合飼料のレプトミンとカメブロスの乾燥状態と水分を吸った状態の比較です。
固形飼料は乾燥時より水分を吸うと3倍くらいに膨らみます。
従って子ガメが欲しがるだけ与えると腹の中でパンパンになってしまうわけです。
カミツキガメは食べすぎると吐き出しますが、ワニガメはそのまま我慢して亡くなることが多いです。

半年以内の子ガメの細い消化管に通すには配合飼料を複数個あげるのもためらうことがあります。
一つずつ消化を待って、4-5日後にまた与えるのが安全でしょうね。
また配合飼料だけでなく、魚肉やハツなども与えてます。



リューシワニガメは汚れが取れたら甲羅も真っ白になってきました。
入荷毎に個性があって、動物は二匹と同じモノがいないのが魅力ですね。
数が少ないのでお好きな方はお早めにどうぞ。

水道水は地方や水道管、タンクなどによって水質が違うようです。
ワニガメベビーの飼育には家庭用の浄水器がお勧めです。



ワニガメのベビーの飼育相談を受けます。
ワニガメのベビーはカミツキガメのベビーよりは繊細です。
リューシが弱いと思う方もいますが、多数見て来た私からすると死亡率はそれほど変わりません。
カラーに限らず死亡原因はエサのあげすぎが一番です。

ただしリューシは成長は少し遅いです。
またリューシの片目や甲羅に問題がある個体は内蔵も弱い場合が多いですね。
当店ではそのような問題のあるリューシは輸入の段階から外してます。

スナッパーのベビーを見ると40年前を思い出します。
雷魚、ピラニヤ、スッポン、タガメなどを飼育した後の10才の私は
「水性ペットではカミツキガメが最強だ」との結論に至ります。

そして正月のお年玉の6500円を握りしめて、念願のカミツキガメのベビーを買いました。
冬期だったのでいそいそと水槽とヒーターを設置しました。
当時はまだ一体型のオートヒーターではなく、バイメタルのサーモスタットの水温が安定しません。

その日から一泊旅行に出る予定だったのですが、ベビーでも一泊くらい冷たくても問題はありません。
しかしそれが心配だった私は、ピラニアの水槽にグッピーの産卵箱を取り付けてその中にカミツキベビーを入れました。
一見産卵箱の高さは脱出不可能に見えました。当時はまだ子供だった私は危機管理に甘かったのですね。

カミツキ君の世話を楽しみに旅行から帰って、産卵箱を見ると何もいません。
水槽内を良く見ると、頭、手足、尻尾を囓られた甲羅だけの無残なカミツキ君の死骸が沈んでました。
ベビーのカミツキガメの甲羅は柔らかいのにピラニヤの鋭い歯でも食べないのだなと思いました。

私はショックで呆然と水槽前に座り込んでしまいました。
私の普段の行動方式ではもう一頭買って再挑戦するのが当然でした。
しかしよく塾考した後の結論は「今はカミツキガメのベビーは諦める。しかし大人になったら、誰も持ってないくらいの巨大なカミツキガメを飼ってやる」と心に誓ったのでした。

その頃は20年後にホントに日本最大級のカミツキガメをアメリカから輸入するとは思いませんでしたが。
子供の頃の強い体験というものは後の人生に影響を与えますね(笑)



今回もアメリカのペットショップを訪問しましたが、ドッグフードのメーカーが随分増えてます。
私が20年前にペットショップを始めた時は「ドッグフードの選び方」と「子犬の選び方」から
お客さんに紹介しました。

ドッグフードは見た目が茶色の塊で違いがわかりません。
またパッケージやCMのセールスコピーには「健康的」とか「自然食」とか犬に良さそうな言葉が並びます。
一般の方が良いドッグフードを選ぶのは難しいと思われることでしょう。

以前にも紹介しましたが、良いドッグフードの選び方は成分表と原料表を見ることです。
キャッチコピーは何でも書けますが、成分表と原料表はウソを書けません。
優れたドッグフードはアメリカのAAFCOを基準に作ってます。
犬に必要な栄養素は臨床研究からAAFCOなどに示されてます。
タンパク質20%、脂肪分10%にミネラルなど、良いドッグフードは犬の成長に必要な栄養分を含みます。

原料表には多く入ってる原料から記載されます。
ですから肉類が最初に来るのは良いのですが、トウモロコシなどの穀類が最初に記載されるものは原料にお金をかけてません。

「ドッグフードの原料には悪いモノが入ってる」とドッグフードを否定する人もいます。
確かに安物のドッグフードには良い原料を使えません。
しかしある程度以上の値段のドッグフードは良質です。
最近は「オーガニック」とか「グレインフリー」も流行ですが、要は犬に必要な栄養素が入ってれば良いのです。

犬に必要な栄養素の研究は莫大なお金がかかるものです。
私は優秀なブリーダーが何代にも渡ってしっかりした犬を作っているドッグフードを信頼してます。
また私自身もピットブルやチワワの繁殖で使っているドッグフードは良い犬を作ってくれます。

ベテランのブリーダーが研究した食品をドッグフードに追加することは良いのですが、
一般の方が家庭で模索した食事を犬に与えることは成長にリスクがあります。
信頼の出来るドッグフードを選んで、愛犬の健康を保ちたいものですね。



ワニガメさん用の水槽を納入致しました。
甲長40cm用の900x600x500。
これでターンも楽になってカメも嬉しいですね。

900x600水槽はお部屋にも合わせやすいサイズです。
ワニガメもカミツキガメも奥行きが60cmあると無理なく飼えますね。



パンク町田さんを訪問しました。
初めて町田さんに会ったのは1998年の11月。
あれからもう20年が経つのですね。
動物園の馬は可愛いけど、猛犬たちは猛獣みたいです(笑)



アニマル日記バックナンバーへ

海外、国内のおもしろい動物とおもしろい人たち





メール アイコン
E-mail

トップページへ