トップページへ

   UAC訪問
     ターザン町田とゆかいな猛獣たち




テレビでおなじみターザン町田さんのUACを訪問しました。
施設の近くには巨大な案内板が出来ていて目立ちます。
町田さんには1999年にペットショップをオープンする前からお世話になってますが、
いつ会っても有意義で幸せな時間をもらえます。

UACホームページ


UACに入るとテレビタレントのきれいな白い柴犬さんたちが歓迎してくれます。


番犬のナポリタンマスチフのペロ。
ハンパなピットブルはぶっ飛ばされます。


町田さんの愛犬のドゴアルヘンチーノ、カルノ君。
カルノ君は写真より実物の方が大きくたくましく見えます。


イノシシの骨をも噛み割る強力牙。


カルノ君と楽しく遊んでもらいましたが、Tシャツはボロボロです(笑)


ドゴとイノシシの闘いの際にイノシシを御する木製盾。
この盾は動きの早い大型毒蛇にも使えるのではと思います。


私が気に入ったメスのピットブルのピュンピュンちゃん。


ピュン子ちゃんはとても人なつこい良いワンちゃんです。
町田さんに「犬とキスすると病気が移ると言う神経質な人いますよね」と言うと
「犬なんかよりも知らない女とセックスする方がよっぽど危ない」と言ってました(笑)
たしかに人畜共通感染症より人間専用の感染症の方が確立高いよね。



うちから町田さんのところにお嫁に行ったピットブルのナジャも最初はすごい勢いで私に吠えました。
しかし少しすると「あれ、この人知ってるよ」という感じで尻尾振ってます(笑)
ナジャは猛女なので敷居の板を噛み破って、隣のオス犬に噛み付いたりします。

UACには普通に右写真の闘犬用のブレイキングスティックが転がっている。
まあこれがないとピットブルがケンカしたら引き離せないからな。

しっかし町田さんのところには犬が何匹いるのか?
「101匹ワンちゃんも夢じゃないですね」と言うと
「カンベンして下さいよ」と言われました(笑)


町田さんが製作中の猛獣檻。
なにが来るかはお楽しみです。
「この檻には人間なら何人収容できるかな」と二人で考えてしまいました。


専用のユンボで頑丈なカバの檻まで自分で作っちゃうから驚きです。


危険動物の許可パネルの中にはジョークパネルを見付けました。


ミニブタは呼ぶと尻尾振って寄ってきてかわいいな。


ワニやカンガルーもいるよ。
オーストラリアでは車に轢かれたカンガルーはイリエワニのエサでした。


宝物のライオンの頭骨や巨大ゴキブリの標本も見せてくれました。


UACは東京から行くと結構遠いので犬吠埼の温泉に泊まりました。
ホテルの真下まで迫る豪快な風と波を受けて入る温泉は最高です。
犬が吠える岬ってまさに町田さんのイメージだね。


二日目は町田さんと弟子のゴルジ君がオリジナルラーメンをご馳走してくれました。
たまたま町田さんとオレンジのシャツがお揃いになってしまってコンビみたいだね。
力持ちのゴルジ君はキビキビ働いて偉いです。


これがターザンラーメン!
町田さんの料理の腕前は父親譲りでプロ並みです。


UACには懸垂できる単管パイプがあちこちにあります。
近所の山も走ると良い運動になるでしょうね。


町田さんと一緒だと食事後はいつも柔道や腕相撲遊びになります。
昔、新宿スポーツセンターで町田さんたちとよく柔道しました。
町田さんとはアームレスリング道場の関谷塾でも一緒に練習しました。

腕相撲の台にしている犬のケージの配色がアーム台にそっくりの赤黒で笑えます。
腕相撲はラーメンの消化に良いですね(笑)

2日に渡りご対応頂いた町田さんとUACの皆様に感謝致します。
町田さんとは以前にも危ない動物のテレビに何度か一緒に出演したことがあります。
また機会があれば一緒にハチャメチャしてみたいですね。


以前に訪問した際のUACレポート





メール アイコン
E-mail
トップページへ