アニマルHPトップページへ

怪力トレーニング器具のページへ

芦原空手とアニマル護身術
        武道とパワートレーニング



芦原会館千葉支部の仲間達と千葉大での演武会。
私達が頑張っていたころの千葉支部は、会員数が100名を超えて盛り上がってました。

 
芦原先生と高校時に 
 「努力」は幾つになっても良い言葉ですね



久しぶりに芦原会館東京本部の西山師範を訪問しました。
新宿道場時代の昔話をした後に稽古を見学させて頂きました。
西山さんとは一緒に新宿センタービル43階の階段をかけ上ったりもしたものです。

現在の稽古では女の子たちもスパーリングをバシバシやっていて驚きました。
西山さんは私より6才年上ですが、スパーリングでも超元気でさすがですね。
空手の練習って柔道よりやせそうですね(笑)

西山さんには「イザキはすっかり柔道体型になって」と笑われました。
大きな気合を出すのも健康に良さそうです。
西山さんからは「イザキもまた空手やれよ〜」と言って頂きましたが
現在の私には柔道とアームレスリングがちょうど良さそうです。



芦原空手

高校受験を終えて中学3年の終わりに晴れて芦原道場に入門しました。
子供の頃から極真空手をやると決めていたので、
小中学時代の水泳と剣道は空手の体力作りと思ってました。

私は14-16才の間、父の仕事の関係で松山に住んでました。
極真空手でも有名な芦原師範の指導を受けることは嬉しかったです。
技術のレベルが高く、実戦的かつ理論的な練習を行う道場に入れたことは幸せでした。

道場はとにかく実力がすべての、とてもわかりやすい世界です。
先輩だろうと気に入らない奴はぶっ飛ばしても全く問題ありません。
芦原空手をよく知らない人は、あそこはソフトだからと言う人がいます。
しかしそれは芦原先生の本質を知らない人の勘違い。
80年代の夏合宿の後の茶帯黒帯総当たり戦では各支部と海外からの強者たちが総当たりで戦います。

普段からつかみや投げなどの危ない技も練習しているのでまさにケンカ。
髪の毛つかんで相手の頭を壁の角にガンガン叩き付けたりもしてる先輩もいました。
それを見た芦原ケンカ十段は
「ムキになっちゃだめだよ〜。でもナイスファイトでとってもいいね〜!」
と喜んでおられました。

その言葉を聞いた当時高校生の私は、先輩に金玉膝蹴りされて悶絶しながら、
「これはえらいところに来てしまったものだ」と思ったものです(笑)

ある日曜日に2階の道場で一人でベンチプレスをやってました。
トレーニングの合間にベンチに腰かけて休んでいたら、急に芦原先生が上がってこられました。
一緒について来られたのはなんと梶原一騎先生です。

芦原先生に「日曜なのにがんばるなー」と褒められて喜んでいると
先生が急にサンドバッグにズバッとローキックされました。
それを見た梶原先生が「きみー、これが世界一の蹴りだよー」と言われたのを今でも懐かしく覚えています。

大学生になる頃にはウエイトもやって体も大きくなり、大学一年の半ばには黒帯を取得し、
千葉の道場では後輩の指導もするようになりました。
トレーニングジムのサンプレイでは宮畑会長と松井館長と一緒にトレーニングさせてもらったのも良い経験です。


ブラジル極真空手、柔道

私は大学時代にブラジルに留学で一年間行きました。
ブラジルには芦原空手はなかったので、極真空手道場に入門しました。

指導員のRS州のチャンピオンさんとは良い勝負が出来ました。
道場内の稽古では芦原空手特有のサイドに回ったり、道着つかんで倒したりの技が生きます。
殴ってくるだけの相手はさばきやすかったので「イザキはつかんじゃだめ」と何度も言われたものです(笑)

高校大学と情熱を燃やした芦原空手ですが、社会人になってからはもう20年も平和に柔道をやってます。
40才から始めたアームレスリングも8年目ですが、とても楽しくパワーアップしてます。
柔道で鍛えると足腰が安定して、空手の技も護身術の中で生きることを感じます。
アームレスリングや握力トレーニングは前腕のパワーが強化されて格闘技の中でも有利です。



●試し割りの魅力●




アニマル護身術クラス




●楽しい柔道&柔術●




●ミックス護身術の稽古●




●キック&ボクシング●




●楽しいアームレスリング●




●パワーケトルベル●




真剣試し斬り




●アニマル店長のトレーニング日記●




武道&パワートレーニングは、私の仕事の猛獣ハンドリングにとても役に立ちます。



芦原会館松山本部訪問





メール アイコン
メール
トップページへ