トップページへ

アニマルネットショップへ


最強握力強化法&グリッパー攻略法
   楽しい握力トレーニング


COCグリッパーで強力な前腕を!


COCグリッパーの紹介とハンドグリッパーの握り方です。

基本的な握力グリッパートレーニング

−3-5回閉じられるグリッパーをしっかり握り込む。
−もう少しで閉じれそうなグリッパーを目標に握る。
−強めのグリッパーでネガティブトレーニングを行う。
−アイエムタグを使用して弱い指を個別に強化する(特に親指と小指)


握力トレーニングは最初の握力10キロくらいはすぐ伸びます。
しかし最初は腱鞘炎になりやすいので要注意です。

一般に握力と呼ばれる筋力にはハンドグリッパーのように手を握り込む力と、柔道着を掴んで離さない保持力があります。
保持力は当店で販売している極太のパワーグリップなどでダンベル、バーベル運動を行うことで鍛えられます。
握り込む力は下に記載しているハンドグリッパートレーニング法があります。


下記は握力グリッパートレーニングの基本です。
皆様が怪我なく順調に進歩されることを願っております。


トレーニングのセット数の基本はウオームアップ1-2セット、メインセット3-4セット、補助種目2-3セット。
 メインセット間の休憩は最低5-10分取り、力が満ちてきてから次のセットに挑む。
 閉じられるグリッパーは数回、閉じれないグリッパーは1レップ(1回)を1セットとします。
 補助種目はIMタグを利用して弱い指を鍛えます。
 
トレーニングの頻度は週2−3回行います


●目標の強度のグリッパーは弱めのグリッパーで数を握り、強めのグリッパーでネガティブを行い、
 目標のグリッパーを上からと下からと二本のグリッパーで挟み撃ちにします。
 つまり最初は
グリッパーは三本あれば良いトレーニングが出来ます。

●握力には手が開いた状態から半分くらいまで閉じる力
(初動)
 半分から最後まで閉じる力(ファイナル)とがあり、それぞれ別々に鍛える必要があります。

ネガティブトレーニング(閉じれないグリッパーを両手などで無理やり閉じるトレーニング)
 
は握力の初動を強化し、握力計の数値をアップします。
 ただしネガティブは強度が高いので頻度と怪我に注意。
 基本的には週に1回、メインセットに2-3セットくらい入れます。
 グリッパートレーニングの初心者は始めて一ヶ月はネガティブは行なわず、閉じれるグリッパーで手を慣らして下さい。

ファイナル強化にはクランプ(金具)使用のクランプセットが効果的。
 ファイナル強化には閉じれるグリッパーのハンドルをカットして更に深く握ることも効果的です。
 閉じられるグリッパーを閉じた状態から更にハンドルを押し付ける
オーバークラッシュも効果的です。

IMタグの利用は弱い指を重点的に鍛えられます。
 強者の中にはIM TUGを上手に利用されている方が多いです。
 IMタグの丸いハンドルは手に優しくて気持ちよいです。

グリッパーのセットの方法はとても重要です。
 セットの方法やハンドルの位置が正しくないと力を入れてもうまく閉じれません。
 握り方の動画を参考に軽めのグリッパーで練習して下さい。

●グリッパーを閉じるにためには親指からも押す力が必要です。
 
親指の強化にはIMタグピンチブロック、プレートを持ち上げるピンチトレーニングが効果的です。


指を開く力を鍛えると握る力も向上し、指の付け根や甲の痛みも軽減します。
 人間の体は裏表、左右をバランスを取ろうとするものです。
 片側だけの筋力は発達しにくいのです。
 
当店販売のフィンガーバンドは強者たちにも愛用されてます。

ウオームアップは本番セットの前に軽めのグリッパーを10回くらい握ります。
 ランニング、スクワット、腹筋、腕立てなどで全身の血流を良くするのも効果的です。

ジムチョークはグリッパーが滑らずガッチリ握れるので必需品です。
 認定時のチョーク使用は問題ありません。

グルコサミンは関節の軟骨と腱を強化するため握力強化に心強い味方です。
 グリッパートレーニングによる腱鞘炎も防いでくれます。

トレーニングの時間は夕方5時以降に行う方が多いようです。
 握力はなぜか夜の方が強くなります。
 私もお昼にグリッパーが閉じれなくてガッカリしてたら、夜にあっさり閉じたことがあります。


トレーニングノートは簡単でも付けた方が良いです。
 トレーニングの内容を簡単に記録しておくと、後で振り返ってどのくらいの強度を
 どの程度の頻度で行うと自分が一番よく伸びるかわかります。

●パワートレーニングは
トレーニングと回復の繰り返しの地道なスポーツです。
 成長には時間がかかり、あまりせっかちに進歩を期待しても難しいです。
 お客様の中にはNo.2を3年かけて閉じた人がいます。
 またNo.3を7年かけて閉じた人もいます。あせらずじっくり取り組んでみて下さい。


当店のスタッフだった松井君はグリッパートレーニングを始める前はそれほど運動経験はありませんでした。
身長172cm、体重60キロ。

しかし当初45キロ程度だった握力は3ヶ月で60キロまで伸びて、No.1を閉じました。
その後握力は半年で65キロまで伸びて、No.1.5を閉じました。
彼の行ったトレーニングはトレーナーなどの閉じれるグリッパーの握り込みと、No.2でのネガティブトレーニングです。

その後は帰省によりグリッパートレーニングは中断しましたが、
そのまま続けていればもう少しでNo.2は閉じていたことと思います。

お客様でもやはり素直な方は伸びてます。
最初はNo.1が閉じれなかった方もネガティブやグルコサミン、バンドなどを駆使して、見事にNo.2を軽くクリアしてます。


グリッパートレーニングに効果的なネガティブトレーニングの動画説明です。

ネガティブトレーニングは無理のない強度(心地が良い強度)で週一回くらいを目安に行って下さい。
無理な強度で無理矢理ネガティブトレーニングすると怪我につながりますので。
グリッパートレーニングの初心者は最初の一ヶ月はネガティブは行わず、閉じれるグリッパーで手を慣らして下さい。
怪我については当店では責任が負えませんので、ご自分の体調をよく見極めてトレーニングしてみて下さい。


左写真は閉じれるところから本や板などを挟んで更に強く握るオーバークラッシュというトレーニングです。
オーバークラッシュは単純なトレーニングですが、実際に行ってみると効果を感じられることと思います。

右写真は私が昔使用していたNo.2.5のカットグリッパーです。
大事なグリッパーをヤスリで削るのはちょっとと思う人もいることでしょう。
しかし通常グリッパーより更に深く握り込めるカットグリッパーはファイナルを鍛えるために効果が高いです。



握力トレーニングのコツ2、怪我予防など




試し割り、アームレスリング、握力王の部屋

握力強化は他スポーツにも効果バツグン








メール アイコン
メール
トップページへ