トップページへ

 アニマルライフ
    アニマル店長のおもしろ小話


子供の世界だけではなくて会社など大人の世界にもいじめがあるようです。
そういえば商社の会社員時代も怒られる人はいつも同じだったなー。

オフィスに響く鬼上司の怒号

「お前は能力ないから今辞めろ!」
「みんなが迷惑するから今辞めろ!」
「人事に電話してやるから今辞めろ!」

などと挙げてみると子供のいじめとあまり変わりませんね(笑)

私が最初に配属された部署は会社一の激務の猛烈部署でした。
残業は午前までは当たり前です。
残業だけでなく夜9時から若手の勉強会を午前までやったりする
「ヤングミーティング」が恐るべしでした。

私が3年目の頃に新人に東大卒の男の子が入ってきました。
彼は賢いのですが、髪の毛は茶髪のお洒落さん。
しかしうちの部署の中でも一番きつい課に配属されました。

そこの課長は京大アメフト部出身の猛烈課長です。
東大くんは入社1ヶ月もたたないうちにフラフラししてきました。
自慢の茶髪も染める余裕もないようで、黒くまだらになってきました。

ある日東大くんは激務に耐えかねて、朝少し遅刻してしまいました。
遅刻して出社すると即、彼は鬼課長に会議室に連行されました。
会議室のドア越しに聞こえる鬼課長の怒声。

ランチの際にうなだれる東大くんに相談されました。

「イザキさん、課長に今度遅刻したらただではすまないと言われました」
「ただではすまないとは一体どういことでしょうか?」と聞かれました。

「おそらく肉体的苦痛が与えられるということだね」
と答えました。

「えー、そんなの耐えられせん。でもなんでイザキさんは遅刻しても大丈夫なんですか?」
と聞かれるので

「だって俺は課長より強いから」
と答えました。

彼はそんなことは東大では学ばなかったのでしょうね(笑)

男はどこの世界に行っても体力があると損することはないのです。




メール アイコン
E-mail
トップページへ