トップページへ

 FCIドッグショー
         2011


今日はドッグショーの見学です。
FCIは春秋2回の日本最大のドッグショーです。


ビッグサイトの駐車場は自慢の愛犬を積む車で一杯です。


今回もこのリボンを得るために犬たちは戦います。
(と言っても闘犬のようにホントには闘いませんよ)


今回は普段お世話になっているチワワのブリーダーさんの犬たちの応援です。
と言ってもチワワでは第一人者の愛犬たちは普通にしてれば楽勝です。
チワワは小型犬なのに賢いのでショーでの反応もピリッとしてます。


日本ではドッグショーでは専門のハンドラーさんが犬を引きます。
しかし欧米のようにオーナーハンドラーで出場する人もいます。
写真はちびっこハンドラー。
上手に犬を引いてました。
ジャッジの先生の顔も緩みがちです。


ブリーダーさん系列のチワワさん。
ご愛嬌顔ですね。


巾着の中でヌクヌクしているチワワさんもいました。
老犬なので目が白くてナマケモノみたいな顔をしてます。


こちらはランウエイを作っての犬と飼主ファッションショー。
犬種別の真剣勝負のドッグショーと違ってこちらは遊び感覚のゲームです。


ゴールデンもピカピカで、そのへんにいるようなゴールデンとはだいぶ違いますね。


ドーベルマンは彫刻のようです。
今回は一眼デジカメを持参してなかったので写真がイマイチですみません。


ロットワイラーも良い犬は筋骨たくましくてかっこいい。
ロッティは番犬用に警戒心が強いのでよく鳴きます。


グレートデンはやはりでかいな。
ブリンドルの気性の荒いデンがいて他のデンと噛み合いになりそうになってました。
大きい犬がケンカすると迫力あるね。


帰り道でサンタのバイカーたちと遭遇しました。
総勢30名くらいで楽しそうです。
日本人もこのくらい遊び心を持って人生を楽しみたいものですね。





メール アイコン
メール
トップページへ