アニマルHPトップページへ

トレ日記バックナンバーへ


アニマル店長のトレ日記

   2018 武道とパワートレーニング
強力動物たちと戦うためにトレーニングに励むアニマル店長の毎日です
 「強く、明るく、面白く」 皆様どうぞよろしく


アニマル護身術クラス 第四回  7月7日(土)19時半より 恵比寿スタジオ


5月の連休から続けて稽古してきたので、今は少し体を休めてます。

最近のUFCの試合を見てましたが、今や強い選手はレスリング上がりで、
サブミッションとボクシングを覚えた形が多いですね。
やはりUFCは裸で戦うのでレスリングの技術が生きるのでしょう。

私は道着を着て戦うことが好きです。
実際の護身術も服を着ていることが多いし、道着を着ての戦いはパワーが付きます。
空手で突き蹴りを覚えて、柔道で足腰を補強する感じです。
ボクシングは道着は着ないけど、必要と感じたし楽しかったですね。
空手、柔道、ボクシングを上手く組み合わせる稽古法を熟考中です。




オレンジグリップ、スーパーバンドなどをセット割引にしております。
ご利用はネットショップで。
数が少なめなのでお早めにどうぞ。



柔道の補強運動の代表はロープ登りですね。
朝飛道場でも子供達がお猿さんのようにスイスイロープを登ってました。
私も自宅にロープは設置してますが、体重が重いので苦手です。

最近の柔道選手もウエイトトレーニングは行うようですね。
私は重たい体重でジャンプスクワット、懸垂、逆立ちなどを行うだけで
パワーアップと運動能力アップの練習になります。
打撃と違って組み合う運動のパワーアップは道場の練習以外では工夫が必要ですね。



江戸先生の子供と柔道ごっこ。
この年から柔道してると体の使い方が出来るでしょうね。

やはり柔道の投げ合いの格闘力と、空手の打撃の空間認識能力は訓練が早いほど良いのでしょう。
私も子供の頃の剣道は後の空手に役立ったけど、
幼少時に柔道もやっていれば楽しかったのにと思うことはあります(笑)



関節技、絞め技の細部について、上手な先生にアドバイス頂いてます。
ちょっとした体の使い方が効果的なことを感じます。
関節も絞めも練習なのに、つい力が入って相手が呻くことがありますね(笑)



6月はまだ涼しくて、トレーニングも快適ですね。
皆様の元気なご利用に感謝致します。

スポーツや格闘技用の補強トレーニングも時代によって変化します。
私が学生の頃の極真空手はパワーリフター並みにウエイトトレーニングをやりました。
ベンチプレス200キロ、スクワット300キロなんて選手もいましたね。

今はパワーリフティングの種目だけでなく色々な種目で体を鍛える方向です。
それでもベンチプレス100キロ、スクワット150キロくらいは最低限のようですが。
私も最近は超重量を担ぐことはありませんが、ケトルベル、チューブ、自重運動と
柔道でも組み合いで体を調整してます。
個別の筋肉だけを鍛えるのではなく、全身に繋がって力が伝わるよう意識してます。



新幹線のように密室でいきなり刃物で切り付けられたらビックリするよね。
やはり最近の物騒な時代は護身術の心得が必要だな。
また戦う能力以前に、周囲に目配り、気配りして、危険な人間や場所を察知する能力が一番大事。

普段から人間相手にパンチ、蹴り、投げなどを行っていると、いざという時の対応力に差が出ます。
護身術の基本とは下記の四つでしょうね。

−相手のパンチや蹴りをよけられる。
−相手にパンチや蹴りで反撃出来る。
−相手に投げで倒されない。
−相手の武器に周囲にあるもので対抗する。

当方の護身術クラスではこの四つを楽しく丁寧に指導致します。
次回のアニマル護身術クラスは7月7日(土)です。
自分の人生を守る術は身に付けたいものですね。



第三回アニマル護身術クラス





●店長のトレ日記バックナンバー●
柔道、空手、護身術、アームレスリング、ケトルベルなど



●アニマル護身術クラス●




●楽しい柔道&柔術●




●芦原空手と試し割り●

キックとボクシング



●楽しいアームレスリング●




●パワーケトルベル●




●アニマル店長の部屋●

 武道とパワー編




メール アイコン
メール
トップページへ