アニマルHPトップページへ

トレ日記バックナンバーへ


アニマル店長のトレ日記
   2017 武道とパワートレーニング
強力動物たちと戦うためにトレーニングに励むアニマル店長の毎日です
 「強く、明るく、面白く」 皆様どうぞよろしく



私のアームレスリングの先生の関谷さんがYouTubeに出てます。
関谷さんの落ち着いた言動が好きです。


昨年の今頃はよくボクシングに行ってました。
だから体重も今より3キロ程軽かったです。
柔道はガッチリ筋肉が付いてしまいますが、ボクシングは有酸素で体を絞れますね。

ボクシングは楽しいのだけど、あまりやると頭痛くなるからな(苦笑)
これから暑くなるので今日も走って、少し体を絞ってみます。

ボクシングを始めた時に念頭に置いたのは
「体重の乗ったパンチのフォーム」「基礎のパンチのよけ方」「相手の中に飛び込む」
そして「相手のパンチを見てサイドに入る」でした。




柔道の寝技強化も昨年から半年経ち、一段落して頭を整理してます。
暑い季節になってくると、寝技の練習は快適とは言いがたいので(笑)

寝技はこれからどんなに練習しても、柔術の強い選手と揉み合ったらやられてしまいます。

−自分が上の時は体重も力もあるので、ある程度有利な体勢を確保して深追いしない。
−自分が下の時は空手家は蹴りが上手なので、相手を蹴って間合いを取って立ってしまう。

寝技の対策としては現時点は上の二つが一番なのかなと思います。
これからもう少しわかってくるとまた対策法も変わってくるでしょうけど。

柔道を始めた20年前も、立ち技はせめて「相手に投げられない」を意識してました。
これは相手に有利な組手にさせないか、力で両襟を掴んで固定するかの方法がありますね。

柔道やボクシングの練習はもちろんそのルールに沿う必要がありますが
自分に出来る技で有利に運ぶ展開も想定する必要もありますね。



最近は私が子供の頃に比べてサンドバッグなどの格闘技用品も種類が豊富です。
家でも楽しくトレーニング出来る時代ですね。

私は小中学の頃は剣道をやりながら、空手の教科書を読んでストレッチ、突き、蹴りなどを
練習してました。だから芦原空手に入門した時も「前から空手やってたのでしょ」と
指導員さんに言われて照れたものです。

芦原空手に入って「突き」のことを「パンチ」と呼ぶのに驚きました。
ボクシング的な打ち方もしていて、より実戦的なのだなと思いました。
それでも空手家の中でボクサーのようなきれいなストレートを打てる人は少ないですね。

それと同じように、家で本を読んでトレーニングしても、やはり実際の道場で教わる正確な
パンチや蹴りのフォームは習得出来ないものです。
柔道もそうですが、打撃の空手やボクシングはパンチや蹴りのフォームだけで実力が見えてしまうから。

ストレス発散と運動不足解消にサンドバッグを叩いたり蹴ったりするのは良いですが、
自己流フォームで長くやると、間違ったフォームが体に染み込んでしまいます。
やはり格闘技も覚え始めに教わる先生のフォームがイメージになるので大事ですね。

三月からずっと休みなく柔道に通っていたので、どうも疲れが残ってます。
今日は仕事の合間にグローブ付けて、パンチを振って、体の疲れを抜いてます。



今日は田町で柔道のお稽古。
立ち技は市川さんに小内と大内刈りを習い、寝技は飯田先生に相手の重心の支点の減らし方を習いました。

立ち技が上手な人は足技が上手。
市川さんも小内刈り、大内刈りで相手を翻弄するから。
寝技は12月から強化してますが、段々暑い季節になってきましたね(笑)

今日は今だに先週の疲れを引きずってましたが、体を動かしていたらだいぶ良くなってきました。
無理せずよく間隔を開けて、元気に稽古するよう努めます。



握力を鍛えてる方から「No.2が閉じれました」などの嬉しい報告を頂いてます。
運動経験の無い方も、ハンドグリッパー、縄跳び、ケトルベルなどから
トレーニングの楽しさを知って頂けると幸いです。

そして握力や腕力が強くなったら何かに挑戦するのも楽しいですね。
握力が強くても腕相撲に負けたりすると悔しいですから。
せっかく鍛えた握力がスポーツに役立つと嬉しいです。

また腕相撲が強くなったら格闘技などに挑戦するのも楽しいですね。
アームレスリング出身の格闘家には、グッドリッジ、カラエフ、ノートンなどがいます。
格闘技や武道では力だけでは通用しないことや、脱力方法なども学べます。

と言っても自分に向いてないスポーツをやるのも楽しくないので無理をする必要はないですね。
ご自分のペースでトレーニングと進歩を楽しんで下さい。



市川さんと山内君と一緒に新宿へ柔道に行きました。
市川さんは学生君達と楽しく寝技。

今日は寝冷えしたのか、具合が悪く、腰が痛かったけど、約束したら柔道には行かなければいけません。
やはり打込やって寝技やっても全然力が入りません。

それでも立ち技の3-4人目くらいから、体が暖まったのか少し動けるようになりました。
先日から食らってしまう大外刈りのフォームを、逆に相手に試したら上手く掛かりました。
体調が悪い時も何か一つでも進歩があればありがたいですね。

若い頃は疲れている時も体を動かす稽古と思ってましたが、
今は翌日も体がつらくなるので、もう無理しないようにします(苦笑)



ケトルベルの質問を何件か頂いたので上げ方のコツなどを。
私はケトルベルは専門家ではありませんが、講習会などにも出て、
格闘技やアームレスリングの補強に使ってます。

重たいケトルベルに挑戦する時は、ケトルベルは腕ではなくて足腰で上げるのですね。
足腰が安定すると重たいケトルベルは怖くなくなります。

またケトルベルはハンドルが太く、引き上げる際に握力が必要です。
握力が弱いとケトルベルがどこかに飛んでしまうので。

最後にケトルベルが肩にクリーン出来たら、頭上に上げるのは肩の力ですね。
上げようとする重さの8割くらいの重量のケトルベルを数上げて、肩を鍛えます。
トレーニングチューブで肩を強化するとケトルベルのリフトが安定します。

ケトルベルは間違って落とすと事故やケガにもなります。
皆様の安全で効果的なトレーニングを応援しております。




●店長のトレ日記バックナンバー●

柔道、空手、護身術、アームレスリング、ケトルベルなど



楽しい柔道&柔術●




芦原空手と試し割り●
  キックとボクシング


楽しいアームレスリング●



パワーケトルベル




●アニマル店長の部屋●

 武道とパワー編




メール アイコン
メール
トップページへ