アニマルHPトップページへ

トレ日記バックナンバーへ


アニマル店長のトレ日記

武道とパワートレーニング 2019
強力動物たちと戦うためにトレーニングに励むアニマル店長の毎日です
 「強く、明るく、面白く」 皆様どうぞよろしく



私の中ではスポーツのヒーローは力コブ(上腕二頭筋)が発達しているイメージ。
子供の頃から運動が得意な友達はなぜかポッコリと二頭筋が盛り上がっていた。
写真の関谷さんや新沼さんもなんとも見事な力コブを持つ。

そんな二頭筋に憧れるのは私が二頭筋に素質がないため。
体のどの筋肉もトレーニングの反応が良くて、三頭筋なんて個別に鍛えてなくても自然に太くる。
しかし二頭筋だけはどうも大きくない。
ただしその理由として二頭筋はあまり格闘技やアームレスリングでも使われないから。

二頭筋の動きは手首を回内させて、手前に引き付けるもの。
アームレスリングでも前腕や上腕筋の稼働が多いし、柔道や空手でも三頭筋や背中の筋肉を多く使う。

しかしそれでも二頭筋に素質がある人は、やっぱり写真のように見事にポッコリと膨らんでる。
トレーニングしてると「力こぶ見せて〜」なんて言われることがあるので、二頭筋エリートは格好いいですね。



今日は田町で柔道。
立ち技中心に大学生からベテラン先生まで幅広く稽古出来ました。
今日は40人くらい集まってましたからね。
寒い時期は感じなかったけど、暖かくなってくると体重が重たいことを感じます。
今月は七回ランニングしてますが、もう少し動けるように減量してみます。



空手の手技の中で有効なものに「掌底」というものがあります。
いわゆる相撲の張り手に近いもので、掌の下部を使います。

拳は手首がクッションになりますが、掌底は手首からそのまま力が伝わります。
相撲でも張り手がキレイにアゴに入ると相手を倒せるように威力があるものです。
掌底でもアゴや鎖骨を折ることも出来ます。

拳を握るという行為は戦闘開始を相手に悟られます。
しかし掌底、手刀、狐拳は指を握らないので、相手に察知されずに即攻撃が出来ます。
護身術でも拳で殴ると傷害罪ですが、掌底なら抑える時に当たったなどと言い訳が出来そうです(笑)

空手の技には格闘技では使えない有効な技が色々あります。
今後はクラスの中でも紹介していきたいです。



サンドバッグ稽古




アニマル実戦空手クラス6月1日開催

今回より空手技を多くしていきます。



●店長のトレ日記バックナンバー●
柔道、空手、護身術、アームレスリング、ケトルベルなど



●アニマル実戦空手クラス●




●楽しい柔道&柔術●




●芦原空手と試し割り●

キックとボクシング



●楽しいアームレスリング●




●パワーケトルベル●




●アニマル店長の部屋●

 武道とパワー編




メール アイコン
メール
トップページへ